シンプルケアでニキビと無縁の肌に!!

女性は美肌を作るために、いろいろな化粧品を使いたくなってしまうもの。
でも、かえってニキビができちゃう・・・。そんなことはありませんか?

081806-200

化粧品売り場に行けば、話題の新商品や可愛らしいパッケージのコスメがたくさん並んでいます。

  • 高級美容液や保湿クリーム
  • 紫外線から肌を守るための強力な日焼け止め
  • カバー力の強いファンデーション

さらに、根こそぎ汚れを取り除く洗浄力の強いメイク落としや、スクラブ入り洗顔料。

それらの購買欲をそそるポスターや化粧品売り場の店員さんの勧誘で、ついすすめられるがままに購入してしまうという方も多いのではないでしょうか?

そして買ったばかりの化粧品をいろいろと試しては、

必死に努力しているのになぜかニキビが増える

と嘆いてはいませんか?

実はこの様な化粧品の使いすぎによる過剰なスキンケアは、

美肌への近道になるどころか逆効果

とも言える行為。

かえってニキビ肌になってしまうことも・・・。

そんなニキビ肌にならないためは?

そのためのシンプルケアについてお話していきたいと思います。

肌を守る常在菌

089293

シンプルケアとニキビとの関係を知る前に重要なことがあります。

それは常在菌。

肌には様々な常在菌が存在していて、その中には

有害な菌が侵入してくることを防いでくれる菌

があります。

それは表皮ブドウ球菌です。

表皮ブドウ球菌は、

  1. 餌となる皮脂や汗を脂肪酸やグリセリンに分解してくれ
  2. 分解されたグリセリンたちは皮脂や汗と混ざり合い
  3. 混ざり合ったものが皮脂膜となってくれます

皮脂膜は肌の潤いを守る大切な膜。

つまり、肌がしっとり保湿され守られているのは、この表皮ブドウ球菌がいてくれるからなのです。

表皮ブドウ球菌が住みやすい環境って?

ですが、

  1. 過剰なスキンケアを繰り返すと
  2. この表皮ブドウ球菌の住みづらい環境が作られ
  3. その結果菌はどんどん減少してしまい
  4. ニキビなどのトラブルが起こりやすい肌へと変化してしまいます

美肌を守るためには、

表皮ブドウ球菌の住みやすい自然に近い状態を保ってあげることが大切

なのです。

そのためには過剰なスキンケアからシンプルケアにすることがポイントとなります。

そして、シンプルケアをすることでニキビとも無縁になることも・・・。

過剰なスキンケア

082990

シンプルケアと全く逆の過剰スキンケア。

過剰スキンケアがニキビの原因になっていることは意外と知られていません。

過剰なスキンケアとして考えられるのは

  • 洗顔のしすぎ
  • いろいろな化粧品の使いすぎ
  • マッサージのしすぎ

などです。

洗顔をしすぎると、汚れはもちろん取り除くことはできます。

すが、それと同時に大切な

  • 皮脂膜
  • グリセリン
  • 常在菌

までも失われてしまいます。

すると、肌を守ってくれるものが消えてしまうので、皮膚は刺激に弱い状態になってしまいニキビができる原因にも。

チリやほこり、紫外線など小さな刺激にも反応し、すぐに炎症が起こりニキビ肌となってしまうでしょう。

いろいろな化粧品を使うことも・・・

さらに、良かれと思って購入した様々な使い慣れない化粧品を試すことも、肌への刺激となってしまうことも多いのです。

もちろん、自分の肌に合う化粧品を見つけるためには、色々な化粧品を試してみることも大切です。

ですが、それはたまたま自分の肌に合っていただけ。

もし、合わなければ肌荒れの原因となってしまいます。

化粧品は

  • たくさんの種類を使用すればいい
  • 人気があるからいい
  • 高級だからいい

というわけではないのです。

また、化粧品には

  • 防腐剤
  • 殺菌作用のあるアルコール

なども含まれているものが多く存在します。

これらを毎日大量に使っていると、

常在菌はその成分により死滅

してしまいニキビ肌の原因に。

だからこそシンプルケアが注目されているのです。

マッサージも・・・

そして、ニキビの原因となり得るマッサージ。

血行促進させるためのマッサージは良いこと。

ですが、マッサージを行う際、加減がわからずつい力を入れすぎてしまうことも・・・。

本来、顔の皮膚と言うのはとても薄いので、

マッサージは肌に触れるか触れないか程度の力加減で行う

べきもの。

リンパを促すことに必死になり、気づくと力いっぱい皮膚を引っ張るような形になっているというのはよくある話です。

間違いだらけのスキンケア

この様な

  • 洗顔のしすぎ
  • 化粧品の使いすぎ
  • マッサージのしすぎ

などの過剰なスキンケアは、肌にとっては良くない事だらけなのです。

そのため、

一生懸命スキンケアをしているのにニキビなどに悩まされてしまう

という事が起こってしまうのです。

では、どうしたら良いのでしょう?

そこでシンプルケアが重要となるのです。

肌を守るためのシンプルケア

081807

肌をニキビなどの肌荒れから守るためには、肌にとって大切な常在菌を増やすことが大切です。

そのためには、過剰なスキンケアではなく、案外簡単で誰にでもできる以下の様なシンプルケアが一番なのです。

メイク

シンプルケアのためには洗顔石鹸で洗い落とせる程度のファンデーションを使用するようにしましょう。

エトヴォスなどのミネラルファンデーションなどが特におすすめです。

もちろんTPOに合わせた装いも大切ですので、しっかりメイクをしなければならないこともあると思います。

ですが、ニキビを避けシンプルケアを実践するためにもできるだけ軽めのファンデーションを選ぶのがおすすめです。

メイクを使い分けることで・・・

ですが、その翌日はナチュラルメイクにするなど、日によってメイク法を使い分けると、肌も休息をとることができます。

一週間に一度、休日などを利用して一切メイクをしない日を作ることも大切です。

そうすることで一度減った常在菌も、環境を整える事でまた増えることができるでしょう。

UVケアも忘れずに!!

また、日焼け止めも紫外線から守るために毎日つけることは大切です。

ですが、強力なものではなく、水で洗い流せるタイプのものをこまめにつけるようにした方が肌への負担を減らすことができます。

洗顔

シンプルケアでは洗いすぎないことが大切です。

その日のメイクに関係なく、毎晩強力なメイク落としを使うというのはNG。

どうしてもしっかりメイクをしなければならなかった日は、

先に肌に刺激の少ない油でメイクを優しく浮かせてから洗顔する

様にしましょう。

また洗顔は

弾力のある泡をしっかり作ってから行う事が大切

です。

すすぎは、泡で汚れを落とす時間の3倍くらい行うようにしましょう。

保湿

シンプルケアには保湿がとても大切。

シンプルケアのためには保湿成分だけが含まれている無添加の

  • 化粧水
  • 乳液

だけで十分です。

また、敏感肌専用の基礎化粧品などもおすすめです。

肌には自ら肌を保湿させ守る働きが備わっていますので、その働きを邪魔しない程度の成分が少ないもので十分なのです。

081806-200

薄付きメイクと泡洗顔と、安価な化粧品・乳液によるシンプルケアであれば、お金も時間もかけずに誰でも簡単に行うことができます。

少し物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、案外肌は与えすぎない方がハリと美しさを保ってくれるものです。

  • むやみに刺激を与えず
  • 必要な潤い成分だけをそっと与えてあげる

シンプルケアで肌は

  • 本来のハリ
  • 美しさ

を取り戻しニキビとも無縁の状態に近づいていけるでしょう。

さらに、皮脂や汗を好む表皮ブドウ球菌を増やすためにも、適度な運動を行い、汗をかく習慣を身につけると美容にも健康にもいいでしょう。

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ