敏感肌によるニキビの改善方法

敏感肌になってしまうと、小さな刺激によってもニキビができやすくなりますね。
さらに・・・。

082990

敏感肌の状態で起こるニキビは

治りづらい

とも言われています。

そのため、一度ニキビが発生してしまうと、

  • 炎症によって赤みを帯びたり
  • 痒みや痛みが生じ
  • 肌状態はどんどん悪化

してしまいます。

女性にとっては、いつまでも治らないニキビを抱えることはとても嫌なもの。
自然と気持ちまで沈み、外出も憂鬱になってしまうことも・・・。

そこで今回は、敏感肌によって起こるニキビのメカニズムとその改善方法についてお話していきたいと思います。

そもそも敏感肌って?

084162

まずは敏感肌と言うのはどのような状態を指すのか、詳しく見ていきましょう。

健康な肌だと、

  1. 角質細胞はレンガのように規則正しく並び
  2. 細胞間脂質が細胞同士の接着剤の役割を果たし
  3. レンガの塀のようになっています

肌の健康にはセラミドが関係している!?

細胞間脂質の中の約半分の成分はセラミドなのです。

そんなセラミドは次のような働きを持っています。

  • 細胞同士をくっつける接着剤の役割
  • 外部からホコリなどの異物が入ってくるのを防ぐ
  • 水分を保ち逃がさない

そのため、セラミドがしっかりと肌内部に存在して役割を果たしてくれると、きめ細かく潤いも張りもある美肌になってくれます。

セラミドが減ってしまうと・・・

128464

ですが、

何らかの原因からこのセラミドが減少してしまうと・・・

細胞同士をしっかりくっつけ支えることができなくなってしまい、

  • 細胞と細胞の間に隙間ができてしまったり
  • 細胞同士の結びつきが弱くなり
  • 傾いたりバランスを崩したり

してしまいます。

また、潤い成分でもあるセラミドが少なくなることで、

  • 肌が乾燥しやすくなり
  • 外部からの刺激を跳ね除ける力も弱まる

ことに・・・。

このように、

  • 乾燥しやすく
  • 肌を守るバリア機能が低下し
  • 細胞が乱れ隙間ができ
  • 異物が侵入しやすくなっている

状態のことを敏感肌と言います。

敏感肌だとニキビができやすい理由って?

084162

敏感肌だと、通常は気にならないものまでも刺激として感じ取ってしまいます。

また、異物を跳ね除ける力が弱まっていますから、

ニキビの原因となる物質も簡単に皮膚に入り込んでしまう

のです。

また、セラミドが足りないことで角質細胞の並びが乱れていると、

  • 毛穴の大きさにもばらつきが生じ
  • 狭くなってしまった毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまう

ことにもなります。

皮脂が詰まってしまうとそこから炎症が起こり、ニキビとなってしまいます。

間違ったスキンケアをすると?

もし、ニキビを改善させようとして間違ったスキンケアをしてしまうと

  • ニキビはどんどん増え
  • なかなか治らないという

状態に陥ってしまいます。

さらに、

  • ニキビが発生し
  • 治らない状態が続く

と鏡を見るたびに落ち込んだりイライラしたりしてしまうもの。

すると

  1. その感情がストレスとなり
  2. ストレスにより
  3. さらにニキビが発生してしまいます

この様な悪循環に陥ってしまうと、ニキビ肌から抜け出すのは難しくなってきてしまいます。

この場合、ニキビ改善も大切ですが、まずは

敏感肌の状態を改善させることを優先

させてみましょう。

いくらニキビを治したとしても、肌状態が元に戻らなければまたニキビは同じように発生してしまうからです。

敏感肌改善方法

081807

敏感肌になってしまう原因はセラミドの減少なのですが、セラミドが減少する要因と言うのは次の様なものです。

  • 紫外線を浴びること
  • 不規則な生活リズム
  • 睡眠不足
  • 間違ったスキンケア
  • 乱れた食生活
  • アレルギー物質によるもの

など。

ですが、それぞれ内容は違いますが、そこから発生する

「乾燥」がセラミド減少の一番の理由

と考えられます。

そこで、それぞれの要因を解消することも大切ですが、それと同時に、

「乾燥させないこと」に力を入れていくこと

が、敏感肌対策となるでしょう。

乾燥させないためには、

  • 洗顔を見直すこと
  • 保湿を十分に行うこと

が何よりも大切です。

乾燥を招く洗顔って?

ニキビなどの肌トラブルを改善させるために、

  • スクラブ入り洗顔料を使用したり
  • 強い摩擦

で肌を傷めたりしていませんか?

泡立ても不十分のまま、洗浄力の強い洗顔料を使用するのもまた、肌を乾燥させ敏感肌を招くこととなります。

敏感肌を治したいのであれば、

  1. 無添加の固形石鹸などを使用し
  2. しっかりと弾力のある泡を作って
  3. その泡で優しく汚れを落とすようにしましょう

クレンジングも刺激になる!?

クレンジングもまた刺激となってしまうので、できれば肌状態が落ち着くまで、ミネラルファンデーションなどで石鹸で落とせる程度のメイクに留めておくことをおすすめします。

どうしてもしっかりメイクしなければならない時は、

  1. メイクを落とす前に
  2. ホットタオルなどを利用して
  3. 汚れを浮かしてから
  4. 洗うようにしましょう

汚れが浮き上がっているので、必要以上の摩擦を避けることができます。

朝の洗顔はどうすればいいの?

また、朝の洗顔も、強力な洗顔料は必要ありません。

ぬるま湯ですすぐだけで十分

です。

もし汗や皮脂が気になるようでしたら、この時もホットタオルを使い、毛穴を広げてから行うといいでしょう。

保湿ケアの方法

保湿はできるだけ刺激の少ない化粧水と乳液を使いましょう。

などの、含まれている成分も少ないものの方が安心です。

これを、手のひらに肌が吸い付く状態になるまで、少量ずつ数回にわたって浸透させます。

もし、化粧水でも刺激を感じるようであれば、

ワセリンや保湿クリームのみで対応

してもいいでしょう。

  1. 乾燥が落ち着つき
  2. 乱れたターンオーバーも正常に戻れば
  3. 肌のキメも整い
  4. 自然と刺激も感じづらくなってきます

肌のターンオーバーは年齢によって違ってきますが、通常は28日周期で行われます。

ですから、きめが整うまで正しいスキンケアを継続して行うことが大切です。

081806-200

この様にして、

  • 乾燥を防ぎ
  • 角質細胞と細胞間脂質のバランスを整える

事を最優先にすることで

  • 敏感肌を改善させ
  • ニキビの発生も落ち着かせる

ことができます。

同時に、生活習慣も見直してみてくださいね。

偏った食生活や睡眠不足を改善することでも、肌状態は良好になっていくでしょう。

ただ、肌の状態を戻すのには時間がかかるものです。根気よく継続的にケアしていくことが大切です♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

コスパNo1スキンケア!!保湿と大人ニキビケアが同時にできる!!

⇒オルビスクリア

BBとCCのいいとこどり!?肌に優しくキレイな仕上がり♪

⇒ラウディBB&CCクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ