インナードライとオイリー肌の見分け方

最近よく耳にする、「インナードライ」。
インナードライは肌の内部だけが乾燥している状態のことを言います。

081806-200

肌表面は皮脂によってテカりが起こってしまうのに、

  • 肌の内部は水分が不足して
  • カサカサパサパサになっている

という、見た目と中身に大きなギャップが生じている状態です。

肌の内部は見ることができないので、

テカリが生じるとオイリー肌と勘違いして、皮脂を取り除くことばかりに力を入れてしまうことも・・・。

ですが肌が欲しているのは水分のため、油を取り除くとかえって悪くなることも・・・

では、自分の肌が今どの様な状態なのか、どう確認したらいいのでしょう?

今回は、オイリー肌とインナードライ、その見分け方についてお話していきます。

インナードライの特徴って?

084162

オイリー肌は、油分だけではなく、水分も充分保たれている状態。

そのため、これ以上皮脂が分泌しないように、

  • 脂質の多い食生活の改善を目指したり
  • 規則正しい生活に切り替える

などの対策が必要となります。

また、毛穴に皮脂が詰まることで起こるニキビを予防するためにも、

しっかり洗顔することも重要

となってきます。

ですが、インナードライでもオイリー肌と同じように皮脂が分泌します。

そのため、自分の本当の肌状態に気づかないまま

「テカリが起こっているからオイリー」と決めつけてオイリー肌対策を行ってしまうと、

  • 水分不足によるシワやシミ
  • 肌の凹凸などが目立ってきてしまう

かもしれません。

テカリが起こるけれど、オイリーなのかインナードライなのかわからない

という方は、次のような症状があるか否かを判断の目安にしてみるといいでしょう。

皮脂を取り除けば取り除くほど、

  • 皮脂が分泌される
  • 肌がつっぱる
  • 化粧のノリが良くない
  • 肌のごわつきが気になる
  • シミが増えてきた
  • 時間の経過とともにテカリが生じてくる

これらは、インナードライの特徴です。

この様な特徴が見られるのであれば、肌内部が乾燥しているインナードライの可能性がとても高いと言えます。

オイリー肌状態だと、潤いは保たれているので、つっぱる感覚がないのはもちろんのこと、オイリー肌によるごわつきや化粧ノリの悪さなども感じづらいものです。

インナードライ肌の見分け方

081807

インナードライの特徴が分かっても、その日の体調によってはオイリー肌でも化粧ノリの悪さなどを感じることもあります。

また、肌状態というのは日々変化していくので、その都度的確なスキンケアを選んでいかなければなりません。

そこで、「その日の肌状態を知るため」の簡単な見分け方をご紹介して行きます。

私たちの肌の状態は、4種類に分類することができます。

  • 理想肌:水分も油分も適量の状態
  • ドライ肌:水分も油分も足りていない状態
  • インナードライ肌:水分が足りなく、油分が多すぎる状態
  • オイリー肌:水分が十分にあり、油分も多すぎる状態

このうち自分の肌がどこに分類されるのか、簡単にチェックできると改善策も見つけやすくなりますし、間違ったスキンケアにより肌状態を悪化させることも防ぐことができます。

チェックするには、

何も付けない肌がどう変化していくかを見ることが重要

です。

キレイに洗顔した後、本当ならすぐに保湿してもらいたいところ。

ですが、

ここは一度我慢して、洗顔後何も付けない肌がどうなっていくのかを観察してみましょう。

5分~10分程度で、その人の肌状態が見えてきます。

サラサラしたまま

つっぱり感もなく、サラサラした状態が続くのであれば、水分も油分も程よく足りている理想肌に近い状態です。

今まで通りのスキンケアを継続して行きましょう。

カサカサになり、突っ張ってくる

少しも潤わず、肌が突っ張ったり白い粉を吹いたり、どんどん乾燥が進んでいくようであれば、ドライ肌です。

水分も油分も足りていません。

この場合は直ぐに化粧水で潤いを与えてあげましょう

このまま放置しておくと敏感肌にもなりかねないので、1日数回に分けて化粧水での保湿を行うことをお勧めします。

テカリが出てくる

つっぱり感はなくしっとりしているけれど、徐々に油が肌表面に浮き上がりテカってくるのなら、それはオイリー肌です。

オイリー肌であれば、油分の少ない化粧水や乳液を使用したスキンケアを行うようにしましょう

なるべくとろみの少ないタイプのサラッとした化粧水がお勧めです。

最初はサラサラ、後からテカテカ

最初はつっぱる感覚がありカサカサしてくるのに、時間の経過と共に皮脂が浮き始めテカテカに移り変わっていくのであれば、それはインナードライ肌です。

インナードライ対策をしていきましょう。

インナードライ対策

089293

肌と言うのは乾燥するとこれ以上水分が蒸発しないために、過剰に皮脂を分泌する仕組みとなっています。

インナードライもこの仕組みによって起こっているのです。

インナードライも、ドライ肌同様、肌の乾燥から始まっています。

そのため、気になるのは皮脂によるテカリだとしても、

まずは保湿から行うことが大切

です。

具体的な方法って?

洗顔を行った後、化粧水と乳液で肌がしっとりするまで保湿

できれば1日数回、乾燥が気になる前に保湿を行えることが理想です。

化粧水で十分潤ったと感じてから乳液や保湿クリームで水分を閉じ込める

日中、余分な皮脂が浮き出てくると取り除きたくなるものですが、取り除けば取り除くほど皮脂の分泌は増えてしまいます。

さらに脂取り紙の使用によって摩擦で皮膚を傷めてしまう可能性もあります。

もし皮脂を取り除くなら・・・

柔らかいティッシュでそっと押さえる程度にして、極力摩擦を避ける

ようにしましょう。

脂を取り除いた後も、スプレー式の化粧水など、化粧をしたうえからでも使えるもので保湿することが大切です。

肌の中の水分が足りてくると、自然と皮脂の分泌も落ち着いてくるでしょう。

081806-200

インナードライと言うのはそれほど特別な状態ではありません。

季節の変わり目などの乾燥しやすい時期はほとんどの方がこのインナードライになっていると言っても過言ではないでしょう。

皮脂が多いからと取り除くことばかりに気を取られるのではなく、

皮脂の分泌はなぜ起こっているのかということに注目することが大切

です。

インナードライも安易に考えていると、

  • 気づかないうちにシミやシワが増え
  • 老化の原因となってしまう

ので注意しましょう。



編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ