産後、敏感肌になってしまう原因と対策!!

妊娠中から引き続き肌トラブルに悩まされているという方もいれば、産後から突然ひどい敏感肌に悩まされるようになったという方も多いのでは?

081806-200

妊娠というのは、女性の体にはたくさんの負担がかかるもの。

そのため、妊娠中はつわりや貧血、便秘などの辛い症状に悩まされるのと同時に、

肌トラブルも起こりやすい

と言われています。

妊娠中、

  • 肌質が変わる
  • 突然敏感肌になる

など様々な肌トラブルに悩まされるということも少なくないのです。

これはホルモンバランスの影響が強いと言われています。

このホルモンによる変化は、妊娠を終えると徐々に戻っていくものなので、「妊娠中だからしかたない」と耐えている方も多いかもしれません。

ですが、無事出産を経て、元通りの体になった産後も、なぜ肌荒れや敏感肌に悩まされてしまうのでしょう?

出産と同時にホルモンバランスは元通りになるのではないのでしょうか?

今回は、産後敏感肌になってしまう理由とその対策方法についてお話していきます。

ホルモンバランスの乱れ

090956

女性の体は妊娠すると、

  • 母乳を分泌するためのホルモン
  • 出産を乗り越えるためのホルモン

などが急激に働きだし、正常に整っていたホルモンバランスは乱れてしまいます

これは赤ちゃんを育て、出産するための大切な準備なので、妊娠によりホルモンバランスの乱れが起こるということは女性として正常な働きが備わっているということになります。

ですが、このホルモンバランスの崩れは、

  • 精神面を不安定にさせたり
  • 体調不良をひきおこす

のはもちろんのこと、

肌のバリア機能の低下

もさせてしまうのです。

  1. バリア機能が低下すると
  2. 皮膚は外部からの刺激に弱くなってしまい
  3. 敏感肌になってしまいます

ホルモンバランスの乱れは産後も続く!?

このホルモンバランスの乱れは、妊娠中だけでなく、産後も続くのです。

と言うのは、妊娠中大量に分泌したホルモンが、今度は出産を終え急激に減少していくため。

今度はホルモンが減少することによるホルモンバランスの乱れが起こってしまうのです。

もちろん、これもまた、妊娠前の元の状態に戻ろうとする正常な働きで、これを経てホルモンバランスは整っていきます。

ですが、急激な増減を行ったホルモンバランスが正常になるには、少し時間が必要になってきます。

そのため、産後も、妊娠中と同じように

  • 精神面が不安定になる
  • 体調不良を起こす
  • 肌トラブルになる

こともあります。

もちろん、産後しばらくして、また妊娠前と同じ正常なホルモンバランスに戻れば、体調も元通りになっていくもの。

ですが、産後はそれ以外にも肌状態を落ち着かせてくれない原因が山積みなのです・・・。

休みのない育児、睡眠不足

082990

つわりや貧血、便秘や不眠などの様々な症状に悩まされた妊娠時期を乗り越え、無事出産を終えると、そこには幸せがたくさん待っているものと思います。

待望の赤ちゃんと出会い、母乳を与え、腕の中で眠る我が子の寝顔を見つめながら、女性としての最大の喜びを感じることでしょう。

ですが、産後、実際に待っているのは休みなしの育児。

昼夜関係なく泣き続ける赤ちゃんのお世話と家事を両立させるのは、想像以上に大変なことです。

妊娠中、体調不良やお腹の重みで熟睡できなかった方も、産後はゆっくり眠れるだろうと思っていたのも束の間、妊娠中よりも眠らせてくれないのが赤ちゃんです。

育児による睡眠不足や疲れは、肌荒れや敏感肌を引き起こしてしまいます。

また、この様な疲れは、まだ落ち着かないホルモンバランスをさらに乱すことも原因にも・・・。

ストレス

090956

思い通りにいかない育児に悪戦苦闘し、疲労と睡眠不足で、産後のママはストレスを溜めがち。

ストレスを感じると、血流は悪くなってしまいます。

  1. 血液の流れが悪いと
  2. 酸素や栄養が送り込まれなくなり
  3. 皮膚は酸欠状態になってしまいます

酸欠になり栄養も不足すると、保湿機能も低下し乾燥しやすくなります。

乾燥肌は、潤い成分の皮脂膜や保湿成分のセラミドなどが減少している状態。

皮脂膜やセラミドはバリアを作り外部の刺激から肌を守っているのですが、このバリア機能が低下すると当然外部からの刺激に弱くなってしまいます。

これにより、小さな刺激にも負け易い敏感肌となってしまうのです。

母乳による栄養不足

082990

母乳を与えると、せっかく摂取した栄養も、母乳として出ていってしまいます。

赤ちゃんに十分な栄養を届けるために大切なことなのですが、これにより、母体が栄養不足になってしまうこともあるのです。

人の体は命を支えることを第一として働きますので、生きることに大切な場所に優先的に栄養が送られることになります。

すると毛髪や肌へ届く栄養はわずかとなってしまうのです。

そのため、栄養豊富な食材を毎日たっぷり食べないと、肌はいつも栄養不足の状態に陥ってしまいます。

このように産後の肌は、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • 疲れ・ストレス
  • 母乳育児による栄養不足

など、敏感肌になりやすい条件がたくさんそろっているのです。

産後敏感肌の対策法

081807

まずは気にしすぎず、

休めるときは休む

ということをモットーに生活してみましょう。

赤ちゃんのお世話で体は疲れ切っているのに、掃除も洗濯も料理も・・・と完ぺきにこなそうとすると疲れもストレスもたまる一方です。

これでは敏感肌を落ち着かせるどころか、体調も崩しかねません。

今は、赤ちゃんを無事育てることと自分に栄養を取り込むことが第一と考え、それ以外の家事は少し旦那さんに協力してもらい、休ませてもらいましょう。

優先順位を付けて行動を

もし無理なら、最低限しなければならないことを順位付けをして、1位2位くらいまで行えば大丈夫と考えるようにすると少し楽になるかもしれませんね。

食事は毎日摂取するものなので、何かしらの用意をしなければなりませんが、洗濯や掃除はしなくても生きることに支障はありません。

疲れを感じた時は、こういった家事を休み、赤ちゃんと一緒にお昼寝してみましょう。

  1. 休息がしっかりとれ
  2. 精神面も安定していくと
  3. 自然とホルモンバランスも整っていくも

食事で気を付けたいこと

同時に食事にも気を使うようにしていくと効果的でしょう。

ビタミンAやビタミンCは新陳代謝を促進させたり、シミやシワ、ニキビなども予防してくれます。

また、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるので、積極的に摂取すると乱れた女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

ビタミンを多く含む野菜やレバー、イソフラボンを含む大豆製品などを多く食べるようにするといいですね。

081806-200

産後のホルモンバランスは、体調をうまく整える事ができれば、1カ月程度でもとの状態に落ち着いて来ます。

人によって元通りになるまでに数か月~1年程度かかることも有りますが、必ず落ち着く時はやってきます。

肌状態も気になるとは思いますが、今は赤ちゃんのお世話を精一杯楽しんでくださいね♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ