風邪を引くと肌が敏感になるのはなぜ?

風邪を引くと、体調ばかりに気持ちが向きがちですが、実は体だけではありません。
風邪とは無関係のように思われる肌も同時に元気をなくしていることが多いのです。

081806-200

もちろん風邪を引いている間は、熱や体のだるさばかりが気になり、肌の調子を気にしたり、手入れしているどころではない時もあるとは思いますが・・・。

ですが、鼻水が出る、咳が出る程度の軽い風邪の時でも、いつも通りのスキンケアを行っているのに、

  • なぜかハリがない
  • ちょっとした刺激に負けやすくなる
  • 敏感になっている

と感じることがあるはずです。

風邪は体の中で起こっているのに、表面にある肌になぜ影響してしまうのでしょう?

今回は、風邪と肌との関係性についてお話していきます。

風邪を引いたときの肌への影響って?

084162

風邪をひくと、身体は体内にある病原菌をやっつけることに必死になります。

そのため、病原菌撃退以外の働きがおろそかになってしまうのです。

たとえば、病原菌をやっつけることのほうが重要であるために

  • 肌の潤いを守ったり
  • 免疫力を高めたり

という働きが弱まってしまいます

そのため、風邪を引くと、肌の潤いが足りなくなり

  • 乾燥しやすくなる
  • ハリが無くなる
  • 荒れやすくなる

などの諸症状が起こり、一時的に敏感肌となってしまうのです。

風邪によって水分が失われると・・・

さらに、風邪を引くと食欲が落ちたり、発熱により水分が失われたりしてしまいます。

すると十分な栄養や水分も補給されないため、肌状態が悪くなってしまうという事も考えられます。

特に、風邪により胃腸が弱ってしまうと、下痢や嘔吐で水分が失われやすくなってしまいます。

こまめな水分補給を行っていても、吐き気や腹痛があるときになかなか思うように水分を摂取はできないものですね。

すると

  1. 体内の水分は減少していき
  2. 肌を潤すために必要な水分も足りなくなり
  3. 乾燥しやすくなってしまいます

さらに乾燥してしまうと、外部からの刺激に敏感に反応してしまいます。

普段なら気にならない事も、乾燥している肌には大きな刺激となり、炎症を起こしたりかゆみや痛みとなって表れてしまいます。

風邪と肌は直接的には無関係のように思われますが、このようにして間接的に影響しているのです。

風邪による敏感肌の対処法

081807

風邪を引いたことにより、一時的に敏感肌になってしまったらどうしたら良いのでしょう?

この時、肌の状態で判断する方法がおすすめです。

軽い肌トラブルの場合

例えば、

  • 少しカサカサしたり
  • 赤みや炎症も起こっている

という、トラブルとしては比較的弱いと考えられる場合。

きっと、肌トラブルよりも風邪による体のだるさの方がずっと強く感じられることでしょう。

こんな時は

スキンケアよりも風邪を治すことを優先する

事が大切です。

まずは普段のスキンケアはお肌の負担が少ないものに変えてリッチなケアを控えましょう。

早く敏感肌を治したくても、体の調子が整わないことには肌の乾燥は進行してしまうだけです。

また、風邪を引いているときは体のだるさがあり、普段よりも疲れやすくなります。

軽い風邪だからと、通常通り職場へ行っても、いつも以上に疲れやストレスもたまりやすいでしょう。

その疲労やストレスもまた肌状態を悪化させる原因となってしまうので、仕事を休めないのは仕方ありませんが、帰宅したら、体を労わることを忘れないでくださいね。

  • 湯船にゆっくり使って体を温めためる
  • 早めに布団に入り十分な睡眠をとる

など、疲れを取り、体力回復させるためにしっかりと休息を取りましょう

重めの肌トラブルのときは?

肌トラブルが比較的強く、赤みや炎症もひどいと感じられる場合は、

  • きちんと洗顔し
  • 化粧水と乳液によるスキンケアを行う

ことが大切です。

主な原因は乾燥なので、汚れを取り除いたうえで、十分な保湿を行うことで回復させることができます。

乾燥がひどい場合は、

  • 化粧水を付ける回数を増やす
  • 敏感肌用の低刺激の保湿クリームやワセリンなどを使う

ことで肌の潤いを保つようにすると効果的です。

ですが、いくら肌トラブルがひどくても、発熱や腹痛、頭痛など、辛い症状を抱えているときは、スキンケアよりも体の回復を待つ方が大切です。

その場合は最低限いつもの化粧水と乳液をつける程度ができれば十分と思いましょう。

ストレスにも注意!?

肌状態の悪化が気になりすぎたり、体の辛い症状を抱えながらスキンケアに必死になることもまた、ストレスとなってしまう危険性があります。

ストレスはいつでもお肌の大敵。別のコラムではストレスと肌荒れの関係について取り上げています。

ストレスで肌荒れに!?その原因と対策!!

敏感肌になっているときは特にストレス解消に努めましょう。

風邪で敏感肌になっていても、これは一時的なものです。

体調が戻って、体力も回復して、水分栄養共にしっかり補給できるようになれば、徐々に回復していくものなので、それ程心配しなくても大丈夫です。

081806-200

この様な肌トラブルや敏感肌に悩まされないためには、日ごろから体力を付け、風邪に負けない体を作っておくことが大切です。

スキンケアも大切ですが、それと同時に、体の中から健康にしておくことが、美肌を守る秘訣です♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

コスパNo1スキンケア!!保湿と大人ニキビケアが同時にできる!!

⇒オルビスクリア

BBとCCのいいとこどり!?肌に優しくキレイな仕上がり♪

⇒ラウディBB&CCクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ