妊娠中の吹き出物対策とスキンケア方法

女性にとって一大イベントとも言える妊娠。
命の成長を一番近くで感じられるお母さんはこの上ない喜びを感じることでしょう。

081806-200

ですが、妊娠することで肌トラブルに悩まされるという方も少なくありません。

  • 吹き出物が増える
  • 嫌なニキビを繰り返えす
  • 乾燥が進み肌状態が悪化していく

場合もあります。

そこで、今回は妊娠中に起こる肌トラブルの原因とそのスキンケア方法についてお話していきます。

妊娠中の肌トラブルはどうして起こるの?

084162

妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化します。

通常は

  • プロゲステロン
  • エストロゲン

という女性ホルモンが交互に作用することで正常を保っています。

ですが、妊娠すると赤ちゃんを無事成長させるために、

プロゲステロンだけが大幅に増えてしまう

のです。

これは赤ちゃんを守るための大切な働きなのですが、このプロゲステロンが増えることで、精神状態が不安定になってしまいます。

  • イライラしたり
  • 気分が落ち込みやすくなったり
  • ストレスが溜まりやすくなる

のもそのせい。

こうして溜まったストレスが肌にとっていいワケがありません。

ストレスは

  • 内臓機能を低下させ
  • 血流を悪くし
  • 排出すべき老廃物を体の中に留めてしまう

ことも。

その結果、吹き出物ができやすくなってしまうのです。

また、ホルモンバランスが崩れることで肌のターンオーバーも正常に働かなくなってしまいます。

古い角質がきちんと剥がれ落ちず、毛穴を詰まらせて、そこから炎症が起こることもあります。

さらにプロゲステロンは、シミを作りやすくしてしまいます。

妊娠前よりも紫外線対策をしっかり行わないと、産後シミだらけのお肌で、いつまでも消えないと嘆くことになってしまうかもしれません。

その他にも、つわりにより栄養バランスが崩れたり、妊娠により便秘がちになったりすることから吹き出物が発生する場合もあります。

このように、妊娠中は吹き出物が発生する条件がたくさんそろっているので、肌トラブルに悩むのは当然と言えば当然なのです。

ですが、きちんとしたスキンケアを行っていれば、肌トラブルも最小限に抑えることができます。

妊娠中のスキンケア方法

081807

妊娠中は安易に薬を飲んだり塗ったりする事ができません。

そのため、できてしまった吹き出物は、自分で行えるスキンケアで解消していきたいもの。

薬を使用しなくても、きちんと処置していれば、肌トラブルも自然と治まっていきます。

洗顔

まず、大切なことは、

刺激を与えずに汚れを取り除く

ことです。

しっかり洗顔していても、

  • ゴシゴシこすったり
  • 皮膚にダメ―ジを与えるような洗い方

では肌トラブルを招いてしまいます。

ですが、優しく触れることだけに集中し、汚れを落としきれないとそこから炎症が起きてしまう可能性もあります。

洗顔は1日2回朝と夜に、刺激の少ない固形石鹸などでしっかり行いましょう。

ネットなどを利用して、弾力のある泡を立てる事ができると、その泡で刺激を与えずに汚れを取り除くことができます。

すすぎも十分に行い、すすぎ残しの無いよう気を付けましょう。

保湿

化粧水を少量手に平に取り、肌に浸透するまでゆっくりじっくり時間をかけて保湿しましょう。

しっかり肌に水分が行き届いたら、手のひらが吸い付く感覚があるはずです。

そうなるまで、何度も化粧水を少しづつ浸透させていきます。

乳液には油分が含まれているので、あまり使いたくないという方もいるかもしれません。

ですが、ここで乳液をつけて肌にフタをしてあげないと、せっかく浸透させた水分が蒸発していってしまいます。

今はオイルフリーの乳液も販売されていますし、敏感肌用の低刺激のものを選べば、それほど肌に負担はかからないでしょう。

  • 化粧水でしっかり保湿してから
  • 低刺激の乳液で蓋をする

というあたり前のスキンケア。

ですが、

  • 案外化粧水の量が不十分であったり
  • 浸透する前に乳液をつけてしまったり

など、雑に行っている場合が多いもの。

もう一度自分のスキンケアを見直し、肌状態を確認しながら、丁寧に行ってみましょう。

栄養

この様なスキンケアを行ったうえで、つわりが落ち着いたら、なるべく栄養バランスを考えながら食事をとるようにしましょう。

栄養のある食事は美肌を作りだすだけではなく、お腹の赤ちゃんの発育にも大きく影響していきます。

赤ちゃんのためにも、自分のためにも、加工食品や添加物を含む食品を避け、自然な食品を口にしていけるといいでしょう。

ストレス解消

つわりで辛い時、家に閉じこもっているとさらにストレスが溜まっていくものです。

天気のいい日は少し外に出て散歩してみましょう。適度な運動が血行を良くし、新鮮な空気を吸い込むことでつわりやストレスも和らぐものです。

紫外線対策は忘れないでくださいね。

081806-200

様々なトラブルに見舞われやすい妊娠期間。つい気分が沈みやすくなってしまうこともあるでしょう。

10か月と言う限られた期間だと割り切り、適切なスキンケアや対処法を行いながら、乗り越えていきましょう。

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

コスパNo1スキンケア!!保湿と大人ニキビケアが同時にできる!!

⇒オルビスクリア

BBとCCのいいとこどり!?肌に優しくキレイな仕上がり♪

⇒ラウディBB&CCクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ