ストレス肌荒れで化粧水がしみる!?そんなときは?

いつも使用していた化粧水をつけたら、なぜか肌がヒリヒリ。
よく見れば、いつの間にかできていた湿疹や赤み、ニキビやガサガサ皮めくれ・・・。

082990

化粧水がしみるほどの肌荒れが起きてしまうと、メイクも上手にのらないし、テンションも一気に下がってしまいますよね。

まずはこの肌荒れの原因を突き止めて、排除して、化粧水がしみないように肌荒れ改善の対策を練らなければなりません。

化粧水によって痛みを感じたのだから、原因は化粧水かと思われがち。

ですが、これまで毎日使用していたのに、突然しみるなんて不思議ですよね。

原因が化粧水ではないのであれば、

  • 最近新たに使用した化粧品がないか
  • 肌の手入れを怠った日がないか
  • 肌に合わないものを食べなかったか

など、思いつく限り自分の身の回りで起こった、肌に悪影響を及ぼしそうなものを探してみることが大切です。

ですが、特別思い当たることがなく、毎日変わらない生活を続けているのに肌荒れが起こってしまうという場合は、慢性的なストレスが原因かもしれません。

ストレスによる肌荒れって?

084162

ストレスというのは、外部から受けた刺激に体が適応しようとして起こる反応。

そのため誰もが必ず感じるものです。

ですが、

  1. ストレスを感じ続けて
  2. 上手に発散できずにいると
  3. 体の様々な部分に悪影響を及ぼしてしまいます

ストレスと体の関係

ストレスは心の問題であって、体の器官とは無関係のように感じられます。

ですが、実はストレスを感じると、内臓機能の低下に繋がってしまうということが言われています。

内臓機能が低下すると、血液循環も悪くなってしまいます。

  1. 血行が悪くなると
  2. 体のすみずみまで栄養を行き渡らせることができなくなり
  3. 老廃物も上手に排出されなくなってしまい
  4. 免疫力も低下してしまいます

この様に体の中で起こっている悪影響は、皮膚にもトラブルを起こしてしまうのです。

お肌への影響は?

体の中に老廃物が留まった状態で栄養が足りないと、

  • 顔色は悪くなり
  • 肌のうるおいがなくなります

免疫力が足りないので、

  • 皮膚のバリア機能も低下してしまい
  • 外部からの刺激に負けやすくなってしまいます

すると、

  1. それまで大丈夫だった紫外線やほこりなどでも肌は敏感に反応してしまい
  2. 毎日使っていた化粧水がしみて
  3. 肌が荒れてしまうという状況に陥ってしまうのです

化粧水がしみたら・・・

そのため、化粧水がしみて、そこで初めて肌荒れに気づいたとしても、

  • 原因は化粧水ではなく
  • 積み重ねられてきたストレス

に原因があるのかもしれません。

まずは、

  • 睡眠不足や乱れた食生活が続いていないか
  • 時間に追われた毎日で慢性的な疲れが溜まっていないか

自分の生活を振り返ってみましょう。

ストレスは気づかないうちに蓄積されていくものです。

その肌荒れは、もしかするとストレスを抱えきれなくなった心の叫びかもしれません。

毎日きちんと肌の状態を確認し、少しでも変化を感じたら、心や体の疲れに目を向け、ゆっくり休んでリセットする様に心がけてみましょう。

ストレス肌荒れの改善法

081806-200

肌荒れが起こってしまうと、化粧水がしみるだけでなく、それまで使っていた基礎化粧品でさえ使えなくなってしまいます。

まずは、

  • ゆっくり休み
  • 食事を見直し
  • 体力回復させる

ことが大切。

ですが、荒れた肌をそのまま放置というわけにもいきませんね。

そんなときは、

刺激の少ない保湿クリームやワセリンなどで皮膚を保護

して、日々変化する肌のために、

低刺激の基礎化粧品を用意しておく

のもいいかもしれません。

その際に気を付けるのが、

  • 美容効果の高い高級な化粧水よりも
  • 余計なものがあまり含まれていない保湿成分のみの化粧水を選ぶ

こと。

赤ちゃんにも使用できるベビーローションや、肌水などでもいいかもしれません。

ただし、肌荒れが起こってからあわてて別の化粧水を購入してきて使用すると、さらなる肌荒れを引き起こしてしまう可能性が・・・。

そうならないためにも「肌状態が落ち着いているとき」に一度試しておくと安心です。

また、ストレスに負けない肌を作りだすための化粧水というものも販売されています。

この様な商品を利用し、普段から肌のバリア機能を高め、ちょっとした刺激に負けない肌を作っておくのがおすすめです♪

089293

化粧水がしみるからと慌てて色々な化粧品を試したり、痛みを感じるのに無理矢理使い続けると、肌荒れは悪化してしまいます。

また、肌荒れを気にしすぎることで、そこからさらなるストレスが生まれる可能性もあります。

まずは落ち着いて、「今は休息期間」と考え、心も体も、お肌(メイク)も少しだけお休みしてみるのもいいかもしれませんね。

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ