突然化粧水がしみる!そんな時の対策は?

毎日同じように肌の手入れをしているはずなのに、ある日突然それまで使っていた化粧水がしみて、顔が痛い・・・。
そんな経験ありませんか?

081806-200

実は、毎日同じ肌のように見えても、

  • 気温や湿度
  • 風の強さ
  • 花粉

など、あなたを取り巻く環境の変化により、肌の状態も日々変化しています。

特に季節の変わり目は、この変化が著しいと言われています。

また、

  • 体調を崩していたり
  • 睡眠不足が続いていたり

するとさらに肌のバリア機能は低下していってしまいます。

突然いつもの化粧水がしみる場合、

肌のバリア機能が低下して小さな刺激にも敏感に反応しやすい状態

になっています。

もし、突然化粧水がしみる場合、どのようなスキンケアをすればいいのでしょうか?

突然化粧水がしみるときの保湿

081807

バリア機能が低下していて、肌が敏感になっている時、保湿しなければと慌てがちなってしまうもの・・・。

というのもバリア機能が低下するのは乾燥が原因になっていることが多いため。

確かに十分な保湿をしてターンオーバーの乱れを正常に戻すことは大切です。

そのときお肌はどんな状態なの?

ですが、化粧水がしみるのでは、肌に水分を取り込むことはなかなか難しいもの。

というのも化粧水がしみる状態では、水分の多いものに対して、肌が拒否反応を起こしている状態のため。

そのため、そこに無理に水分を与えようとしても肌の負担が増してしまいます。

こんな時は、

  1. 一時的に化粧水の使用をストップし
  2. クリームのみのお手入れに切り替えましょう

もし、無添加、敏感肌用などの低刺激の化粧水など肌に優しいものでも、つけた瞬間に少しでも刺激を感じるのであれば、無理につけることは絶対に避けてくださいね。

肌が敏感になった時の化粧品の選び方

081806-200

化粧水がしみる時のスキンケアは、

洗顔後の低刺激の保湿クリームを全体に塗るだけ

に留めておきましょう。

というのも敏感になっている時に、いろいろな化粧品を使うと余計に悪化してしまう可能性があるため。

また、堅めのクリームだとつける時に肌を刺激してしまう可能性があるので、なるべく柔らかい肌触りのものを選んでくださいね。

オールインワンゲルなど、それひとつでスキンケアを完了させられるものもおすすめです。

  • 保湿効果も高い
  • ゲルだとクリームより柔らかい

ので、肌への負担をさらに抑えることができます。

バリア機能が低下している時は肌の角質層にあるセラミドが減っている状態。

そのため

セラミド配合のクリームを選ぶようにすることもポイント

です。

季節の変わり目は、突然「化粧水がしみる!どうしよう」と慌てることもあります。

そのためあらかじめ季節の変わり目専用として、低刺激のスキンケア用品を用意しておくと安心ですね。

敏感肌にならないために

089293

一番のポイントは、

化粧水がしみないような肌を守っていく

こと。

しみると感じてからでは、そこから丁寧に手入れしても2週間くらいは落ち着きません。

そのため、

  • 刺激を感じる前にこまめな保湿を行い
  • バリア機能の低下を最小限に抑えるよう気を付ける

ことが重要となります。

生活習慣の見直し

そのためにも日ごろの生活習慣も見直してみることが大切です。

もし、

  • 疲れやストレスが溜まっていたり
  • 睡眠不足が続いている

ようであれば、たまには、

  • しっかり休み
  • 心も体もリセット

するようにしてみましょう。

食生活の改善

食事も肌状態を大きく左右させてしまいます。

  • 忙しくて食事をしっかり摂れなかったり
  • ファーストフードなどで簡単に済ませてしまったり

という日が続くとどうしても肌状態は悪化してしまいます。

たまに食事が乱れるのは仕方ありません。

ですが、乱れた翌日は、

  • 色々な食材を使用した手料理で栄養を補う
  • 野菜ジュースやサプリメントなども上手に活用する

ようにして調整していくといいでしょう。

081806-200

「突然いつもの化粧水がしみる!」となると誰でも焦ってしまうものですね。

ですが、慌てると間違った判断をしてしまいがちです。

トラブルが起こっても、正しいスキンケアを行えば治すことは可能なので、どんな時も、冷静に落ち着いて対処していきましょうね。

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ