乾燥しやすいUゾーンのスキンケア

Uゾーンと言われているあごやフェイスラインは、皮脂腺が少ないため、顔の中で特に乾燥しやすい部分と言われています。

081806-200

肌は乾燥するとそれ以上水分を蒸発させないために皮脂を分泌する働きがあります。

ですが、Uゾーンのような皮脂腺が少ない部分が乾燥しても皮脂の分泌が十分には行われません。

そのため、Uゾーンはほかの個所よりも積極的に保湿をしなければすぐに乾燥して、その乾燥がさらなる乾燥を招いてしまうことに・・・。

うるおいが足りないとバリア機能は低下して、

  • 紫外線
  • 強い風
  • ほこり
  • 花粉

などの外部からの刺激を受けやすくなります。

そして、これらの外部からの刺激によって簡単にUゾーンの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

Uゾーンのスキンケアで大切なのは?

084162

そのため、Uゾーンのスキンケアでは、

乾燥させないことがとても重要

です。

もちろんUゾーン乾燥させないためには、保湿が必要不可欠ですが・・・

とにかく保湿すればいいというものではありません

まずは、

  1. 乾燥を招いている生活習慣を見直して
  2. その上で効果的な保湿方法について考えていくことが大切です

そして、Uゾーンの乾燥を防ぐためにはまずは洗顔方法から見直していく必要があります。

Uゾーンの乾燥を防ぐ洗顔方法

081807

  1. 強い洗顔料で
  2. ゴシゴシと
  3. 肌表面を刺激しながら

皮脂を取り除きすぎていませんか?

汚れやメイクが毛穴に残っていることで肌が荒れてしまう場合はもちろんあります。

ですが、毛穴の汚れを取り除くために洗いすぎることも危険です。

  • 硬いブラシでゴシゴシ掻きだす
  • 指先で肌を強くこすったりする

これらのことをすると・・・

  1. 大切な皮脂膜を取り除くことになり
  2. 肌表面が傷つき乾燥を招き
  3. 肌荒れの原因となってしまいます

そうならないために、Uゾーンを含め肌全体を、

キメの細かい泡でなでるように優しく洗う

ようにしましょう。

また、その日の汚れ状態に合わせて洗顔料やクレンジングを使い分けることも大切です。

  • メイクが薄いときはクリームタイプのクレンジング
  • しっかりメイクのときはジェルやオイルのクレンジング

などを使い分けると、Uゾーンなどの肌への負担を減らすことができます。

朝も夜と同じように洗顔料をたっぷり使うことは乾燥の原因となってしまいます。

朝はほこりや汗を洗い流すための洗顔なので、

ぬるま湯ですすぐだけで十分

です。

このように、乾燥しやすいUゾーンは特に乾燥してから慌てるのではなく、

乾燥しないためのケアを考える

ことから始めるが効果的です。

Uゾーンの効率的な保湿方法

081806-200

Uゾーンが乾燥しないための洗顔方法を試した後、次に大切なのが保湿です。

十分な水分をUゾーンに与えてあげましょう。

ここで気を付けなければならないのは、

保湿=油分補充ではない

ということです。

うるおすために馬油や乳液などをたっぷりつけても肌に必要な水分は与えられません。

かえって必要以上の油分によって、Uゾーンのニキビを招いてしまう可能性が・・・。。

洗顔後の保湿はどうすればいいの?

洗顔後、乾燥する前に化粧水をしっかり浸透させましょう

化粧水は1度つけたら終了というわけではありません。

  1. 肌を手のひらで包み込み
  2. 十分なうるおいを感じた時が終了のサインです

うるおいが感じられない場合は、2回、3回と、少量ずつ数回に分けて化粧水を浸透させましょう。

日によって、1回で十分なうるおいを感じるときもあれば、数回つけても肌が吸い付いてくる感覚がない場合もあります。

そのため、

  1. 肌状態を手のひらでしっかり確認して
  2. 必要な水分がしっかり入り込んだと感じるまで続けましょう

その上で、水分を閉じ込めるために乳液や美容液などをつけたら完了です♪

セラミド入りの美容液を利用する

セラミドと言うのは肌が元々持っている保湿成分です。

セラミドは年齢と共に減少していく傾向にあるので、外からも与えることでさらなる肌のうるおいを保つことができます。

セラミド配合の化粧品は多く販売されているので、それらを効果的に使いながら、よりUゾーンの保湿力を高めていきましょう♪

081807

乾燥しやすいUゾーン。

そんなUゾーンの乾燥を防ぐための洗顔法、保湿するためのケアを続けていくことで、Uゾーンの乾燥を落ち着かせることができます。

さらにスキンケアと同時に生活習慣の見直しも大切です。

  • 栄養の偏った食事
  • 睡眠不足
  • 疲労
  • ストレス

もUゾーンだけでなく肌を乾燥させる原因となります。

できる範囲で、

  • 規則正しい生活
  • 食事の見直し
  • 十分な睡眠

を心がけ、Uゾーンの乾燥を撃退しましょう♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ