夏の化粧崩れを防ぐ方法!!

夏になると付きまとう化粧崩れ・・・。

082990

汗・テカリ・クーラーによる乾燥・外気の刺激など化粧崩れには敵だらけ。

夏は特に化粧崩れしやすいため、正しい防ぐ方法を知って、効果的に化粧崩れを防ぐためには?

そんな化粧崩れを防ぐ方法を原因別にまとめました。

汗による化粧崩れを防ぐ方法

081806-200

夏は外に出るとすぐに汗が出て、せっかくクーラーのきいた部屋で作り上げた完璧な化粧も一瞬で崩れてしまいます。

そんな汗による化粧崩れを防ぐ方法のポイントは朝の洗顔。

  1. 朝の洗顔でしっかりと皮脂や汚れを洗い流す
  2. 化粧水を冷蔵庫に入れておく
  3. その冷たい化粧水をたっぷりとつける

この方法で毛穴がキュッと引き締まって、その後の化粧崩れを防いでくれます。

その後は、

ファンデーションを塗ると言うよりは・・・

叩き込む感じで塗る

と汗だけがメイクの上を流れて行きます。

そして、注意することは・・・

汗をかきながらメイクしない

こと。

朝は出来るだけ涼しい所でメイクしましょうね。

化粧崩れを防ぐ方法、テカリ編

081807

テカリだから油分が出すぎてると思いがちなのですが、実はテカリの原因は乾燥

テカっている人ほど実は乾燥していて、インナードライの状態になっています。

そんなインナードライを防ぐ方法のポイントは、

スキンケアでしっかりと保湿をする

こと。

  • 朝のスキンケアをした後にメイクするのではなく
  • 肌に十分スキンケアを染込ませる時間を作る

こういったことを意識すると化粧崩れを防ぐことができます。

また、スキンケアと化粧品が混ざってしまうと、

  • 乾燥を招くだけではなく
  • テカリも招いてしまい
  • お肌がびっくりしてしまいます

そのため、テカリによる化粧崩れを防ぐには、

しっかりとスキンケアを吸収した肌の上にメイクする

方法がおすすめです。

紫外線による化粧崩れを防ぐ方法

089293

春から夏はどうしても紫外線が多くなり、肌にはあまり良い状況ではありません。

紫外線によって肌荒れを起こして、化粧崩れになる方も多いのが夏。

そんな紫外線を防ぐには紫外線防止剤(UVケア)が必要になりますが、紫外線防止剤は肌に密着して乾燥を招いてしまうことも。

さらに紫外線防止剤で肌が荒れる人は比較的多く、UV効果が高いにつれて、肌に合わないと感じる人が多くなります。

でもだからと言って、日焼けしてしまうともっと肌荒れを起こしてしまいます。

そんな紫外線による化粧崩れを防ぐにはあるポイントが・・・

それは、日焼け止めの使い分け

普段使い用には?

  • お部屋の中
  • 曇りや雨の日

など日差しがあまり気にならないときはSPF、PAともに控えめなものを使いましょう。

そうすることでお肌への負担を極力防ぐことができます。

日差しが気になるときは?

屋外で長時間日差しを浴びるときはSPF、PAの高いものを使いましょう。

そうすることで日焼けを効果的に防ぐことができます。

こういった使い分けをすることで肌荒れを防ぎ、化粧崩れを防ぐことができます。

081806-200

化粧崩れが気になる夏。

正しい方法を実践して化粧崩れを防ぎましょう♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ