アレルギー肌と敏感肌の違い

敏感肌とアレルギー肌、どちらも反応としては赤みやかゆみ・かぶれといった反応を起こします。
ですが皮膚が起こしている反応は全く違います。

アレルギー肌の症状と原因

081806-200

実際にアレルギーはどういった反応を起こしているのでしょうか?

例えば花粉アレルギーを持っている方が花粉の時期を迎えます。

すると肌が花粉というアレルゲンに反応し、ランゲルハンス細胞という免疫細胞が過剰反応します。

このランゲルハンス細胞が過剰反応を起こすと赤みやかゆみといったアレルギー反応を引き起こしてしまいます。

アレルギー反応を起こす原因は花粉の他に動物の毛や金属、食べ物など人によって様々。

今まで使っていた化粧品の成分でも、突然アレルギー反応を起こす可能性もあります。

もしアレルギー反応を起こした時は次のような対応で、アレルギー反応を鎮めることが大切です。

  • 敏感肌用のスキンケアに切り替えて肌への刺激を最小限にする
  • 薬などを使用する

アレルギーかなと思ったらまずはお医者さんにアレルギーの原因となるものは何かを調べてもらうことが大切です。

そして、敏感肌はアレルギーとどのような違いがあるのでしょうか?

敏感肌の原因と対策

081807

敏感肌の場合はアレルギーとは違いランゲルハンス細胞は関わっていません。

バリア機能や皮脂膜といった元々の肌を守る力が弱いことが原因です。

この敏感肌にはアレルギーとは違い、

  • 先天的なタイプ
  • 後天的なタイプ

があります。

先天的な敏感肌タイプとは?

084162

先天的なタイプはアレルギーとは違い、

  • 生まれつき皮膚が薄い方
  • 極度の冷え性の方

が当てはまります。

皮膚が薄いと多少の刺激で赤みを引き起こしたり、角質が薄いので水分保持力が通常よりも低くなります。

冷え性の方の場合は栄養を運ぶ血液が末端にまで行き届かずに細胞が栄養不足になります。

そうすると乾燥や角化不全などを起こします。

そしてこれらの肌に共通するのがバリア機能が低く、肌の防御システムが正常に働かない状態です。

バリア機能が低下すると様々な刺激を受けやすい状態となります。

触れただけで赤みがでたり、スキンケアの成分に反応を起こしたり、汗やほこりといった刺激でも肌にかゆみや赤みが生じる可能性があります。

そのため、

  • 肌を守る働きのあるケア
  • 低刺激なケア

肌と上手に付き合っていかなければなりません

後天的な敏感肌のタイプって?

後天的に起こる敏感肌もアレルギーとは違い最大の原因は肌の乾燥です。

皮膚が乾燥すると・・・

  • バリア機能の低下
  • 皮脂膜がなくなる

ことで保護力の低下が起こります

敏感肌に赤みがでることで皮膚が熱をもち、更に皮膚の水分が蒸発してしまいます。

乾燥性敏感肌を改善させるには毎日のスキンケアが非常に重要になります。

まずは優しい洗顔を心掛けて皮脂膜を守るケアをしましょう♪

皮脂膜は肌を雑菌から守ったり、外気の乾燥から水分蒸発を防ぐ重要な役割を持っています。

この皮脂膜を上手に残すことで丈夫なお肌質に近づけることができます。

もし赤みがあるようでしたら、鎮静させることを優先させましょう。

気を付けるスキンケアポイント

化粧水をつける際は、

  1. 手の温度が伝わらないように
  2. たっぷりコットンに含ませて
  3. 鎮静させるように
  4. 優しくパッティング

しましょう。

十分に肌が潤ったら一度ティッシュで余分な水分を抑えることも重要です。

水分が余分についていると、蒸発する過程で一緒に肌の水分も奪われてしまいます。

そしてクリームをたっぷりと与えることで肌の水分蒸発を防いだり、外気の乾燥からもお肌を守ります。

また、スキンケアを丁寧に行うだけでも乾燥性敏感肌を十分に改善させることができます

081806-200

アレルギー肌と敏感肌は原因は違いますが気を付けるべきポイントは同じ。

どちらも肌への刺激を控えつつ保湿・保護のケアを意識することが大切です。

普段から保湿とお肌の保護をしっかりと行い肌トラブルを撃退しましょう♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

コスパNo1スキンケア!!保湿と大人ニキビケアが同時にできる!!

⇒オルビスクリア

BBとCCのいいとこどり!?肌に優しくキレイな仕上がり♪

⇒ラウディBB&CCクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ