妊娠中に起こる肌荒れ対策とは?

妊娠中は特に肌が敏感になりやすい為、肌荒れに悩む方は少なくありません。
その原因は・・・。

体内の女性ホルモンの働きが変化しているから。

081806-200

女性ホルモンと体の変化

女性の体内には、

  • エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン
  • プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモン

の二種類の女性ホルモンが分泌されています。

このホルモンによって、女性の体内では排卵や月経・妊娠といった体の変化が起こります。

エストロゲンって?

084162

エストロゲンは排卵を促す女性ホルモンです。

思春期を過ぎたあたりから分泌し始め、25歳前後をピークに徐々に減少していきます。

役割は排卵を促す他に、女性らしい体つきや肌のキメ・ハリなどに影響を与えるホルモンです。

プロゲステロンって何?

プロゲステロンは妊娠しやすいように子宮内部の環境を整える女性ホルモンです。

受精した卵子が子宮内で育ちやすいように、子宮をふかふかにさせます。

肌に与える影響としては、刺激に対して敏感になったりメラニンを生成し、シミを作ったりとあまり好ましくない影響を与えます

妊娠中のホルモン分泌とスキンケアへの影響

082990

生理前や妊娠中はエストロゲンの分泌量が弱まり、プロゲステロンが常に分泌されている状態です。

妊娠している時は赤ちゃんを子宮内で育てるため長期間分泌された状態にあるため、肌はプロゲステロンの影響を受けて常に敏感な状態です。

妊娠期間中の肌は刺激に対して非常に過敏になっているため、ちょっとした刺激で様々なトラブルを引き起こします

今まで使用していたスキンケア製品が突然合わなくなるといったことは良くあります。

他にも顔そりをすると赤みが強く出たり、肌を守ろうと生えてくる毛が濃くなったりします。

紫外線に当たることで普段以上に影響を受け、シミや赤みといったトラブルを引き起こすこともあります。

更に、プロゲステロンは体内のチロシナーゼ酵素の働きを活発にさせるのでメラニンを生成しやすくしてしまいます。

妊娠中にシミが出来やすいのはこの働きによるものです。

妊娠中の肌荒れ対策

089293

妊娠中の肌トラブル対策としては、まずは・・・

低刺激なスキンケアに変えること

です。

シミやシワが気になるからと言って効果の高いスキンケアを使うよりは、保湿や敏感肌用で肌を守るケアをした方が良いでしょう。

そして紫外線対策を今まで以上に行いましょう。

買い物や洗濯物を干すといった数分の紫外線すらも肌トラブルを引き起こす原因となります。

低刺激の日焼け止めや帽子などを使用して紫外線からお肌を守るようにしましょう。

081806-200

妊娠中のお肌は非常に繊細です。

今まで肌荒れを起こしたことのない人も、敏感肌になる可能性が十分にあります。

もし肌荒れを起こしてしまったら、妊娠期間中だけでも肌に刺激のないタイプのスキンケアに変えて保湿力や保護力を高める事をおすすめします♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

コスパNo1スキンケア!!保湿と大人ニキビケアが同時にできる!!

⇒オルビスクリア

BBとCCのいいとこどり!?肌に優しくキレイな仕上がり♪

⇒ラウディBB&CCクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ