紫外線が引き起こす肌トラブルと対処方法

「肌老化の約8割は光老化」と言われるほど、紫外線による肌への影響は深刻。

081806-200

紫外線の影響はシミやシワ・たるみだけではなく、乾燥や炎症といった肌トラブルも招きます。

紫外線は波長の長さによってUV-A・UV-B・UV-Cと分けられ、それぞれの影響も変わります。

そんな紫外線による肌トラブルの対処法をまとめました♪

紫外線別の肌トラブル対処法

089293

紫外線による肌トラブルを防ぐためにはまずは紫外線の種類と特徴を知る必要があります。

UV-A

UV-Aは波長が長く一年中降り注ぐ紫外線です。

真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンといった繊維質へダメージを与えます。

その結果、シワやタルミなどの肌トラブルの原因となります。

UV-Aは曇りや雨の日・冬でも降り注いでいる紫外線。

そのため、ケアを怠ると知らないうちに光老化が進み肌トラブルに・・・。

それだけに日頃のケアが重要となります。

UV-B

UV-Bは波長が短く春から夏にに多く降り注ぐ紫外線。

主に表皮にダメージを与えるため、サンバーンと言われる肌の炎症を引き起こします

特に肌の弱い方は肌トラブルを引き起こしやすいため注意が必要です。

サンバーンの危険性

炎症を起こしダメージを受けると、ターンオーバーが早くなります。

というのも肌を修復・再生させようと正常な細胞を作り出すため。

不完全なまま生み出された細胞は水分不足や栄養不足などで機能が低いため、乾燥しバリア機能が弱まり肌トラブルに。

さらにUV-Bを浴び続けると細胞を守ろうとメラニンを大量に生成します。

その結果、メラニンの過剰生成がシミへとつながります

もし肌がサンバーンを引き起こしてしまったら、

  • 保湿効果の高いシートパック
  • 化粧水を含ませたコットン

を当てるなどをして肌を休めましょう。

しばらくは保湿・鎮静ケアや敏感肌用のケアなどで肌が落ち着くまで様子を見ることをおすすめします。

UV-C

UV-Cは波長がさらに短く肌に非常に有害ですが、オゾン層によって地表に降り注ぐことはありません

ですが、もし人間がUV-Cを浴び続けると皮膚ガンなど悪影響をもたらします。

紫外線による肌トラブルを避けるには、

  • 日傘や手袋など直接日に当たらないようにする
  • 日常的に日焼け止めを使用する

と言ったことが重要です。

ですが肌の弱い方は日焼け止め選びにも注意が必要です。

日焼け止め選びのポイント

081806-200

日焼け止めには肌を乾燥させたり、肌トラブルを引き起こす可能性がある成分が入っています。

具体的には、

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線錯乱剤

などの成分がそれに当たります。

でも、こういった成分がなければ効果的な紫外線ケアはできません

そのため、肌トラブルが気になる方は・・・

刺激の強い「紫外線吸収剤」を避け、比較的負担の少ない「紫外線錯乱剤」を選んだほうが良いでしょう。

さらに一年中強力な日焼け止めを使っていると・・・

肌が本来持つ防御機能が弱まってしまい、日焼け止めの使用を忘れたときに一気にダメージを受けてしまいます。

  • 通勤時や冬の間など日常生活程度の紫外線予防ではSPF20、PA+前後
  • レジャー時や真夏の外出などの特に紫外線の強い時期ではSPF50、PA+++

の日焼け止めを使い分けるのがおすすめ。

しっかりと紫外線の知識を得たうえで効果的なケアをしましょう♪

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

コスパNo1スキンケア!!保湿と大人ニキビケアが同時にできる!!

⇒オルビスクリア

BBとCCのいいとこどり!?肌に優しくキレイな仕上がり♪

⇒ラウディBB&CCクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ