妊娠すると化粧ノリが悪いのはどうして?

「最近化粧ノリが悪くなった」「肌がカサカサし、荒れやすい」「顔色がすぐれない」

この様な悩みを抱えている場合、生活習慣に問題があるのでは?と考えがちです。
ですが、実は妊娠によってこの様な症状が発生することもあるのです。

081806-200

妊娠というのは、新しい命が体の中で細胞分裂を繰り返し成長している状態。

そのため体には様々な負担がかかります。

  • 腹痛や頭痛
  • 目まいや吐き気
  • 便秘や頻尿

など、様々なトラブルに悩まされる妊婦の方が多くいらっしゃいます。

ですが妊娠による影響は、体内にだけではなく、

一見無関係と思われるような「肌」にも及んでしまう

のです。

今回は、

  • どうして妊娠すると肌に影響があるのか?
  • 妊娠中の化粧ノリの悪さをどう対処していったら良いのか?

などについてお話していきたいと思います。

妊娠と肌の関係性って?

084162

妊娠すると肌に影響が起こるのはなぜでしょう?

その理由を一つずつ見ていきましょう♪

ホルモンバランス

妊娠することによって、女性ホルモンが急激に増加してしまいます。

これはお腹の赤ちゃんを守るために大切な働きなのですがこのホルモンバランスの急激な変化によって、肌状態にも変化が及んでしまうのです。

ホルモンバランスの崩れにより、メラニン色素も増加するため、

  • シミが出来やすくなる
  • 精神面も不安定になる
  • ストレスが増加する

そして、ストレスによって

肌荒れが起こりやすい状態

になります。

水分量低下

体内の水分が子宮に奪われ、肌も乾燥しやすくなってしまいます。

きちんと水分補給を行い、保湿をいつも以上に心がけていないと・・・

  • 肌がカサカサと乾燥し
  • 肌荒れが起こりやすくなってしまう

のです。

乾燥によるかゆみ

水分補給や保湿を十分に行わないと、乾燥はどんどん進行してしまいます。

乾燥は痒みを伴うため、知らず知らずのうちにかきむしってしまい肌を傷つけてしまう恐れがあります。

掻いてしまうと、当然キレイな肌状態を保つことは出来ませんね。

皮脂の分泌の増加

乾燥すると肌はこれ以上水分が逃げないようにと、必要以上に皮脂を分泌してしまいます。

分泌された大量な皮脂は毛穴が詰まらせる可能性があります。

そのため、毛穴に詰まった皮脂をきちんと取り除いてあげないと・・・

  • ニキビ
  • 吹き出物

が出来てしまいます。

血流の悪さ

お腹が大きくなりにつれて、下半身の血行が悪くなります。

すると全身の血液循環も悪くなり、栄養がすみずみまで行き渡らなくなってしまいます。

当然顔の皮膚にも、影響が起こるでしょう。

  • 顔色が悪くなる
  • ツヤやハリがなくなる

などの状態になることも・・・。

食事の変化

つわりでそれまでのように栄養のある食品をたくさん摂取する事が出来ない方が多いのではないでしょうか?

食べられるものだけ口にすると言う状態が続いてしまうと、

  • 栄養不足になり
  • 肌にも影響が出る

ことも・・・。

化粧ノリの悪さ対処するには?

084162

上に述べたような理由から、妊娠すると肌状態が悪化し、化粧ノリも悪くなると言われているのです。

肌がこれ以上悪化しないためには、

  • 化粧をやめ
  • 肌状態が落ち着くのを待つことが一番

です。

ですが、妊娠中というのはただでさえ気分が落ち込みやすくなるもの。

たまには気分転換に少しオシャレをしてお出かけしたいですね。

また、妊娠中でもそれまでと変わらず毎日働きに出ているという女性もいます。

こんな時化粧ノリの悪さを簡単にカバーできると嬉しいものですね。

081807

そこで化粧ノリをカバーするメイク法をお話していきたいと思います。

保湿

まずは十分な保湿を心がけてみましょう。

  • 乾燥により痒みが招じていたり
  • 必要以上の皮脂の分泌が起こっている状態

であればなおさら、保湿に力を入れなければなりません。

肌を清潔に保つことは大切です。

洗顔の乾燥を防ぐには?

ですが、洗浄力の強すぎる洗顔フォームでゴシゴシと洗いすぎてしまうと、肌の乾燥は余計に酷くなってしまいます。

  • 固形石鹸などをしっかり泡立て
  • 優しく丁寧に洗うことが大切

です。

その上で、肌に潤いを感じるまで何度も化粧水をつけましょう。

「1度つけたから大丈夫」ではなく、

乾燥を感じない状態になるまで重ねてつけ続けることが大切

です。

もしそれまでの化粧水が肌に合わないようであれば、

  • 無添加の低刺激のもの
  • 保湿クリーム

などを使ってもいいでしょう。

化粧前にどれだけ保湿するかで、その後の化粧ノリは大きく変化していきます。

マッサージ

  • 血流が悪くなっているため
  • むくみが生じていたり
  • クマやくすみが増えている

状態だと化粧をしても顔色がすぐれなくなってしまいます。

血流を促し、健康的な明るい顔色を目指すために、

化粧水や乳液をつけながら顔のマッサージ

もしてみましょう。

どうやってマッサージすればいいの?
  1. 耳をしっかりともみほぐしてから
  2. 指の腹で小さな円を描くように
  3. 顔の中心から耳に向かって
  4. 優しくマッサージします
  • 小鼻から、頬を通って、耳へ
  • オデコからこめかみを通って耳へ
  • アゴから輪郭を通って耳へ

という形ですね。

最後に耳に溜まった老廃物を首へ押しだすようにして、その後首から鎖骨、鎖骨から肩へ流すようにマッサージします。

メイク

ファンデーション前に必ず

コントロールカラーや下地

を使いましょう。

保湿とマッサージを念入りに行った後、ベースを整えれば、いつもの化粧をしてもノリは全く違うはずです。

ですが、妊娠中にしっかりメイクはお勧めしません

肌荒れを起こしやすい時期ですので、出来れば、石鹸で落とせる程度の薄付きメイクを心がけていただきたいところです。

どうしても仕事などできちんとメイクしなければならない場合は、休日はノーメイクにするなど、肌を休ませる日も作ってあげてくださいね。

081806-200

妊娠すると、

  • 肌状態がすぐれず
  • 精神面も不安定になり
  • 体調もすぐれない

と言う状態が続くことが多いものですが「10か月を経過すれば妊娠期間は終了」します。

期間限定のことですし、そう何度も経験出来ることでもありませんので、せっかくの妊娠期間を存分に楽しむことも大切♪

妊婦だからこそ出来るメイクやオシャレを探してみるというのもいいかもしれませんね!

編集部イチオシ!!スキンケア&ファンデ♪

081807

しっとり高保湿スキンケア!!敏感肌専門ブランドから発売された高機能スキンケア!

⇒ディセンシアつつむ

しっとり美容液ファンデ!とってもお肌に優しくキレイな仕上がりに♪

⇒薬用クリアエステヴェール

サブコンテンツ

このページの先頭へ